MSL GAME RESULT

11年第4節

GAME1

INDIANS |023 112 0|9

YANKEES|000 370 ×|10

W:H.N.(1-0) :ミスターY(4-0-1) L:ザック(2-3)

HR:(I)アロマー3号、Uc.クロフォード3号 

   (Y)マツ2号、タイガー1号

2回インディアンスは、ザックのタイムリーなどで先制、3回にはアロマーの2ランなどで3点を入れ、5-0とリードする。

ヤンキースのキャプテン・ミヤビが、約1年ぶりとなる凱旋帰国。キャプテンの参戦で士気のあがるヤンキースは4回、マツのソロ、タイガーの2ランで3点を返す。

5回インディアンスは、Uc.クロフォードのソロで1点追加すると、裏のヤンキースは、キクチ、ミヤビ、マツ、ユウイチの連続タイムリーなど打者一巡の猛攻で7点を奪い、10-7と逆転に成功する。

6回インディアンスは、アロマーの2点タイムリーで10-9と1点差に迫る。

7回ヤンキースは、エース・ミスターYがクローザー登板。

見事インディアンス打線を無失点に抑えたヤンキースが、接戦を制した。

GAME2

YANKEES|005 111 200 3|13

RAYS   |040 050 100 0|10

W:ヒロシデス。(1-0) L:イッカタイ(0-5)

HR:(Y)マツ3号4号、ユウイチ2号、ヒロシデス。4号 

  (R)ユウヤ1号

2回レイズは、トモエ&ユカのタイムリーなどで4点を先制する。

3回ヤンキースは、マツの3ランなどで5-4と逆転に成功、4回、5回と1点ずつ加える。

5回裏のレイズは、ユウヤのソロ、リネカー、ダイキ、イッカタイの連続タイムリーで7-9と再逆転する。

7回ヤンキースは、マツ、ヨッチのタイムリーで2点を挙げ、10-9と再び逆転する。

もう後がないレイズは、1死満塁からケンヤが貴重な同点タイムリーを放ち、試合は延長戦へ。

両チームとも集中力を切らさず、8回、9回と両者ともに無失点で、試合は粛々と進んでいく。

MSLルールで最終回となる10回。

ヤンキースは、マツが気合の一発をレフトスタンドに放り込むと、ヒロシデス。が2ランで続き、ようやく均衡を破った。

裏のレイズも最後まで粘りを見せたが、勝利の女神はスルリと逃げてしまった。

GAME3

RAYS  |024 032 0 0|11

INDIANS|305 003 01×|12

W:ザック(3-3) L:イッカタイ(0-6)

HR:(R)ダイキョーキン6号  

  (I)アロマー4号5号、Uc.クロフォード4号

1回インディアンスが、アロマーの3ランで先制すると、2回レイズは、ダイキ、シュンスケのタイムリーで2点を返す。

3回レイズは、ダイキョーキンの逆転3ランなどで、6-3とリードする。

裏のインディアンスは、アロマーが2打席連続の3ランで同点、BC&ヒロミのタイムリーで8-6と再逆転する。

5回レイズは、リネカーの2点タイムリーなどで9-8と再び逆転、6回にもケンジのタイムリーなどで2点を加え、11-8とリードを広げる。

6回裏のインディアンスは、Uc.クロフォード、ザック、プリティの連続タイムリーで3点を返し、同点に追いつく。

7回は両チームとも無得点で、2試合続けての延長戦となる。

8回レイズは、2死一、二塁とチャンスを作るが無得点。

裏のインディアンスは、2死からUc.クロフォードがwalk-off home run!

インディアンスが勝利したが、2試合続けて延長戦を戦い抜いた、レイズのファイティングスピリットは賞賛に値するものだった。

熱戦の模様はこちら↓

20110821
スポンサーサイト
  1. 2011/08/21(日) 04:52:00|

最新記事

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する